あるぱかになりたい

*体験*チョークアート!

a0163663_16524415.jpg


チョークアート、って聞いたことありますか?

おしゃれなカフェとかレストランで、たまに見かけるチョーク風のイラスト・・・

「こういうのってどうやって書くんだろう?」と思っていたところ、
体験講座があったのでいってみることにしました。


教えて下さったのは、オーストラリアでチョークアートに出会ったという伊藤美和先生!

今回のモチーフは”葉っぱ”です。
葉っぱは、チョークアートでは頻繁につかう基本的なモチーフで、
描きやすいこともあって、初めての人は必ず”葉っぱ”から!だそうです。

私は、この時はじめて知ったのですが、チョークアートは実はチョークじゃないんですね・・・!

油性のパステル?というクレヨンみたいな画材で、あくまでチョーク風に描くということのようでした。

黒板のように見える板も、実は「黒板風に見えるように加工した特殊な板」なんだそうな。


作業は、
まず葉っぱの輪郭をかいてから、深緑の3色を縫っていき、
指で直に色をまぜてグラデーションをつくっていきました。

この指でなぞって、グラデーションをつくる作業が、チョークアートの大半を占めるそうです。
なので、絵が得意でなくてもチョークアートは楽しめるんですよ~とおっしゃっていました。

最後は、はみだし部分を黒インクで隠して、仕上げのスプレーをかけたら完成!

先生のお手本は、とても自然なグラデーションで、つややかな葉っぱなのですが、
私のは明らかに・・・(汗)

・・・でもまあ、初めてにしてはいっか☆と、楽しく作ってかえってきました。

今回の講座には、「来るの、2回目です!」という参加者さんもいて、その方は
四葉のクローバーを作っていました。

クローバーも黒い板にすごく映えていいなと感じました。
アイリッシュパブとかに飾ってありそうな感じで、素敵なモチーフでした。

                                                    みき

**************************************
【イベントのお知らせ】
「~わたしの摂食障害~第4回Peerfulおはなし会」

日時:6月30日(土)
場所:長野県塩尻市えんぱーく
お問い合わせ:infoあっとまーくpeerful.jp (あっとまーくは@にかえてください)

摂食障害の体験談や、質疑応答、参加者どうしのおしゃべりなど。
たくさんの皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。
[PR]



by peerful | 2012-05-12 17:23 | スタッフいろいろ日記

Peerful(ピアフル)スタッフブログ
by peerful
プロフィールを見る
画像一覧

Peerful(ピアフル)

 
摂食障害コミュニティ
Peerful
(ピアフル)

ウェブサイトはこちら


*****


ご寄付のおねがい
Peerfulはみなさまからのあたたかいご支援に支えられて活動しています。

ご寄付はこちら


*****


当事者がつくる!摂食障害を元気にする雑誌!!「Peerful」


第2号のご購入はこちら



創刊号のご購入はこちら



*****


摂食障害おしゃべり番組
Peerful Channel
あるぱかになりたい!

放送(Ustream)はこちら
録画(YouTube)はこちら
次回テーマはこちら


*****


Peerのフリースペース
「PeerFree(ピアフリ)」
の情報はこちらから


*****


摂食障害の人のためのコミュニティ、Eating Disorders Community Peerful は、一般の人や当事者さえも持つ、「摂食障害に対する誤解や偏見」を、解いていくことを目的とした活動団体です。

摂食障害を治しやすい社会、
なりにくい社会、へ


「当事者力」の発信をキーワードに「摂食障害を元気にする!」活動を進めています。

*****


Peerful代表ブログ


*****

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
こちらから↑↑ポチっ☆と応援してくださると、とても励みになります。いつもありがとうございますo(_ _*)o

最新の記事

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧