あるぱかになりたい

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧




【 震災支援チャリティー・ピア・カウンセリング 】 のお知らせ

みなさま、こんにちは。

このたびの東北地方太平洋沖地震で被災された方々への復興支援活動としまして、わたしたちPeerful(ピアフル)では、「震災支援チャリティー・ピア・カウンセリング」および「震災支援チャリティー・ミーティング」を行うこととなりました。

今、このような未曾有の災害を目の当たりにし、被災地の方々はもちろんのこと、被災地以外の方々も、それぞれに不安を抱える方がたくさんいらっしゃることと思います。

そのような中で、摂食障害を抱えるみなさまは、罪悪感や不安感が強くなってしまっている方も多くいらっしゃるのではないかと感じています。

「せっかく助かった命なのに…」
「大変な被害に遭っている人がいるのに…」
「食べ物も充分に食べられない人たちがいるのに…」
「生きたくても生きられなかった人たちもいるだろうに…」

などという思いの中で、

「生きたい、って思えない…」
「自分のことしか考えられないなんて…」
「過食なんかしてしまっているわたし…」
「どうしても食べることを拒否してしまう…」
「こんなわたしが生き残っているなんて…」

そんな悲痛な叫びを胸のうちに閉じ込めたまま、つらい思いを抱えている人が、もしかしたらたくさんいらっしゃるのではないか…そう感じています。


つらい思い、かなしい気持ちは、安心出来る場所で安心出来る人に、何度も何度も繰り返し、話し、聞いてもらうことで、少しずつ、でも確実に大きく変化していきます。

また、人とつながることで少しずつ感じられるようになるであろう安心感も、とても大切で、大きな変化をもたらします。


そこで、今回の震災支援チャリティーでは、「震災支援チャリティー・ピア・カウンセリング」と「震災支援チャリティー・ミーティング」を行うこととなりました。

ぜひこれらの震災支援チャリティーを通じて、みなさまがもともと持っていらっしゃる、キラキラと輝く力強い「生きる力」、「回復への力」を取り戻すお手伝いが出来たら、と願っています。


また、この活動は、Peerfulスタッフによるボランティアで、基本的にはすべて無料とさせていただきますが、活動にご賛同いただけるみなさまには、善意のお気持ちをご寄付いただけますようお願い申し上げます。
みなさまからいただいたご寄付は、全額すべて、わたしたちが責任を持って、東北地方太平洋沖地震義援金として日本赤十字社を通じて寄付させていただきます。

※最終的な寄付の金額と詳細についてはこのブログにて発表させていただきたいと思っております。

このPeerfulの「震災支援チャリティー」に参加することで、ぜひご一緒に、被災地の方々にわたしたちの「思い」を届けませんか?
みなさまからの、たくさんのお申込みをお待ちしています。

わたしたち日本の元気を取り戻すため、被災地の一刻も早い復旧と復興のため、スタッフ一同、少しでもお力になれたらと願っております。



【「震災支援チャリティー・ピア・カウンセリング」(個別相談)について】

【ご依頼いただける方】
被災地の方、被災地以外の方、当事者、ご家族、恋人、ご友人など、どなたでも。

【ご相談日時】
基本的には水曜日以外の、10時~18時くらいまで。
ご都合によっては調整できますのでおっしゃってください。

【ご相談方法】
・スカイプ
・電話(NTT固定電話の場合は、通話料は当方持ちでこちらからおかけします。またSoftbank携帯電話を用意していますので、Softbank携帯電話をお持ちの方は無料でおかけいただけます。ほかにau携帯電話も用意しています。)

【料金】
1~2時間くらい(延長になった場合も追加料金などは一切いただきません。)
チャリティーにつき無料~いくらでも(ぜひご寄付をお願い申し上げます)
※みなさまからいただいたご寄付は、全額すべて、わたしたちが責任を持って、東北地方太平洋沖地震義援金として日本赤十字社を通じて寄付させていただきます。

【お申込み方法】
Peerfulまでメールにて、以下のことをお知らせください。
(メール:infoあっとまーくpeerful.JP(「あっとまーく」は「@」に変えてください))
※携帯電話からお問い合わせの場合はPeerfulからのメールを受け取れるように、必ず携帯電話の設定をご確認ください。
●ご希望のご相談日時を、第1希望、第2希望、第3希望までお知らせください。
●ご相談方法について、スカイプまたは電話からお選びください。
●NTT固定電話でご希望の方は、電話番号をお知らせください。
●ご寄付いただける方は、お振り込み先を、ゆうちょ銀行または楽天銀行からお選びください。
●ご寄付いただける方は、お振り込み名義もお知らせください。
(申し訳ありませんがメールでのご相談にはお答えできないことがありますm(__)m)

【お申込みいただける期間】
本日~2011年6月30日まで。

※ピア・カウンセリングの内容などについての詳細はこちらをご覧ください。



【「震災支援チャリティー・ミーティング」(数人での分かち合い)について】

【ご参加いただける方】
被災地・被災地以外の当事者の方

【開催日時】
・3月26日(土)13時~
・3月26日(土)20時~
・3月27日(日)13時~
・3月27日(日)20時~
以降、様子をみながら追加していく予定です。

【ご参加方法】
・スカイプ(こちらからご連絡するIDを追加しておいてください。)
・NTT固定電話(お電話番号をお知らせください。通話料は当方持ちとなります。)

【料金】
1~2時間くらい(延長になった場合も追加料金などは一切いただきません。)
チャリティーにつき無料~いくらでも(ぜひご寄付をお願い申し上げます)
※みなさまからいただいたご寄付は、全額すべて、わたしたちが責任を持って、東北地方太平洋沖地震義援金として日本赤十字社を通じて寄付させていただきます。

【お申込み方法】
Peerfulまでメールにて、以下のことをお知らせください。
(メール:infoあっとまーくpeerful.JP(「あっとまーく」は「@」に変えてください))
※携帯電話からお問い合わせの場合はPeerfulからのメールを受け取れるように、必ず携帯電話の設定をご確認ください。
●ご希望のご参加日時を、第1希望、第2希望までお知らせください。
●ご参加方法について、スカイプまたは電話からお選びください。
●NTT固定電話でご希望の方は、電話番号をお知らせください。
●ご寄付いただける方は、お振り込み先を、ゆうちょ銀行または楽天銀行からお選びください。
●ご寄付いただける方は、お振り込み名義もお知らせください。
(申し訳ありませんがメールでのご相談にはお答えできないことがありますm(__)m)
※システム上、1回につきお申込み先着4名までのご参加とさせていただきます。

【お申込みいただける期間】
本日~2011年6月まで。



みなさまからの、たくさんのお申込みをお待ちしております。

摂食障害コミュニティPeerful
スタッフ一同
[PR]



by peerful | 2011-03-21 11:51 | おしらせ

摂食障害を抱える仲間のみなさまへ

このたびの東北地方太平洋沖地震において被災された方々へ、こころよりお見舞い申し上げます。

今もまだ続いている各地の地震や余震などにより、大きな不安を感じている方がたくさんいらっしゃることと思います。
どうかこれ以上、被害が広がりませんように、そしてみなさまがあたたかい場所で安心して過ごすことが出来ますように、こころよりお祈りしています。



被災地はもちろんのこと、そのほかの地域も含む日本の各地で、摂食障害を抱えながら不安な日々を送っていらっしゃるみなさまに向けて、今わたしが思うことをお伝えしたいな、と思います。


もし、被害に遭われた方々のことを思い、いま生きている自分自身に罪悪感を感じてしまうとしたら…
それは、実は、とても自然なこころの反応です。

そしてもし、拒食をしたり、過食をしたり、過食嘔吐をしたりすることに、いつもより強い罪悪感を感じてしまうとしても…
それも、とても自然なこころの反応です。

だけど、もちろん、本当は何にも悪くなんか、ありません。


いま生きている自分を、拒食している自分を、過食している自分を、過食嘔吐している自分を、そのままありのままの自分を、大切に抱きしめてあげてほしいな、と思います。

どうしても罪悪感を感じてしまって、自分をひどく責めてしまう自分のことも、そのまんま、大切に抱きしめてあげてほしいな、と思います。


そして、そういう気持ちでいることを、安心して話せる誰かに、話してみてください。
安心して書けるところに、書いてみてください。

そうして、もし泣くことが出来るなら、たくさんたくさん、泣いてください。


被害に遭われた方々を思うあまり、自分自身を責めてしまう気持ちは、あなたがとてもやさしいこころを持っている、ということの証だと思います。

だけど、どうかひとりで抱えてしまいすぎずに、その荷物を下ろしてください。



最後に。

連日テレビで流れているショッキングな映像に、あまり影響を受けてしまわないように、少しテレビから離れてみることなども、気を付けてみたりしてほしいな、と思っています。

被災地の方も、そうでない方も、日本各地のみなさまが、少しでもリラックスした穏やかな時間を過ごせますように、お祈りしています。


そしてまた、被災地の一刻も早い復旧・復興を、こころよりお祈り申し上げます。



摂食障害コミュニティPeerful
山本春音
[PR]



by peerful | 2011-03-16 00:22 | おしらせ

前回のミーティング

先週水曜日のPeerfulミーティングは、9名の参加でした。

ヘアスタイルを変えたメンバーも何人かいて、
そんなところから「春」らしさを感じます。

雑談では、

人と一緒に食事するのは大丈夫?という話題もでました。

まだ人と一緒だと 自分のたべる量をコントロールしづらいな…という意見や、
逆に 相手の量やスピードを見て、自分も調整できるからOKという意見も。

人と話しながらだと、 けっこう気をつかっているので お食事に集中できていないかも、
という声もありました。

そのほかのトピックとして、親との向き合い方、
ファッション関係のことなどもおしゃべりしました。

みんなの話をきくと、「ほかの人も同じこと考えてたんだな。」
と思うことも多いし、
「・・・そんな意見があったのか!」とびっくりすることもよくありますが。




次回のミーティングは 3月23日(水)です。


みき
[PR]



by peerful | 2011-03-14 12:37 | スタッフいろいろ日記

Peerful(ピアフル)スタッフブログ
by peerful
プロフィールを見る
画像一覧

Peerful(ピアフル)

 
摂食障害コミュニティ
Peerful
(ピアフル)

ウェブサイトはこちら


*****


ご寄付のおねがい
Peerfulはみなさまからのあたたかいご支援に支えられて活動しています。

ご寄付はこちら


*****


当事者がつくる!摂食障害を元気にする雑誌!!「Peerful」


第2号のご購入はこちら



創刊号のご購入はこちら



*****


摂食障害おしゃべり番組
Peerful Channel
あるぱかになりたい!

放送(Ustream)はこちら
録画(YouTube)はこちら
次回テーマはこちら


*****


Peerのフリースペース
「PeerFree(ピアフリ)」
の情報はこちらから


*****


摂食障害の人のためのコミュニティ、Eating Disorders Community Peerful は、一般の人や当事者さえも持つ、「摂食障害に対する誤解や偏見」を、解いていくことを目的とした活動団体です。

摂食障害を治しやすい社会、
なりにくい社会、へ


「当事者力」の発信をキーワードに「摂食障害を元気にする!」活動を進めています。

*****


Peerful代表ブログ


*****

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
こちらから↑↑ポチっ☆と応援してくださると、とても励みになります。いつもありがとうございますo(_ _*)o

最新の記事

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧