あるぱかになりたい

<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧




4月のPeer(松本)

こんにちは!みきです。
松本市のPeerの日程をお知らせします。
甲府Peerの予定はコチラから。

摂食障害の症状のあるご当人、そのご家族、関係者のかた等、どなたでも来て頂ける場になっています。

2013年4月7日(日)
2013年4月10日(水)
2013年4月24日(水)
13:00~15:00 いつでも入退室できます。


場所:長野県松本市 安原地区公民館(Googleマップ周辺地図)
公民館入り口のホワイトボードに「Peeful(ピアフル)」と書いてある部屋にて

日時に変更がある場合は、Twitterやブログでお知らせいたしますので、
事前に必ずご確認くださいませ。



お問い合わせはコチラへどうぞ⇒infoあっとまーくpeerful.jp (あっとまーくを@にかえてください)
[PR]



by peerful | 2013-03-30 22:06 | Peerミーティング開催日

自助グループPeerはどんなとこ?④~自由におしゃべり~

こんばんは!みきです。
③につづいて、Peerについてのお話です。

a0163663_21571121.jpg


一人ずつ順番に話をしていく「言いっぱなし聞きっぱなし」が終わったら、
次は「雑談」です。

【雑談】
学校の休み時間みたいに、自由におしゃべりする時間です。
他の人に聞いてみたいこと、一緒に話してみたいこと・・・何でも出してみてください。

特にない場合は、司会者がなにか話題を出しています。
「こういう時、皆さんはどうしてますか?」
「前にこんな話題が出たんだけど、何か思い当たることありますか?」等。。。

Peerが終わる時間の午後3時まで、おしゃべりしています。


【よかったこと】
「雑談」がすんだら、最後に「よかったこと」を言って終わりになります。

今じぶんがよかったと思っていること、何でもいいので教えてください。
言いっぱなしをした時と同じ順番で、一言ずつ回っていきます。

摂食障害を抱えていると大変なことも多いけど、よかったなあと思うことや
素敵☆なことを意識できる感覚も、どこかにそっと抱いていたいなあと思います。
それに、他の人がどんなことを良かった・嬉しいと思っているのかが聞けておもしろいです。

一言ずつ一周したら、終わりです。
「…じゃあ、今日はこれで終わります。ありがとうございましたー。」と挨拶があって解散になります。



。。。と、いかがでしたでしょうか?!
Peerは、こんな感じでやっています。
写真にうつっているプリントにも書いてありますが、途中での入退室も大丈夫です。
開催時間内であれば、ご都合にあわせて利用してください。
[PR]



by peerful | 2013-03-21 22:22 | スタッフいろいろ日記

自助グループPeerはどんなとこ?③~ひとりずつ順番に話す~

こんにちは!みきです。
②につづいて、自助グループPeerのおはなしです。

a0163663_21265368.jpg


ミーティングについての説明が終わると、さっそく自己紹介が始まります。

【自己紹介】
司会者から順番に「なまえ」を言っていきます。
これは本名でもニックネームでも、好きなものでかまいません。

お話するときに、相手の名前がわかっているほうが、話したり聞きやすいかなということで
教えてもらっています。
「はるです、よろしくおねがいします。」「みきです、よろしくおねがいしまーす。」・・・という感じです。


【言いっぱなし聞きっぱなし】
自己紹介がすんだら、ひとりひとりが自分の話したいことを順番に話していきます。
摂食障害に関することでも、そうじゃなくても何でもOKです。

症状にかんすることを話す人、家族の話をする人、
「こんな経緯で、今日ここに来ました。」という人、
趣味の話をする人・・・その日によって様々なお話が出てきます。

話したいことが決まっている人から順番が回っていきます。そうでなければ、司会者から話し始めます。
「今回は聞いているだけでいいです」という方は、勿論パスできるのでそう言ってください。

他の人の話を聞いているあいだは、フムフムうなづくだけ。
話をさえぎったりすることなく、静かに聞いていることになっています(^-^)



質問したり、意見を出し合ったりする時間は次の「雑談」のときに設けています。

                                          ④へつづく>>>
[PR]



by peerful | 2013-03-19 21:58 | スタッフいろいろ日記

自助グループPeerはどんなとこ?②~ミーティングの前に~

スタッフのみきです。
①につづいて、Peerのお話です。


a0163663_1861743.jpg
↑初めて参加された方には、こんなプリントをお渡しします。

会の進め方や、守っていただきたい事項などについて、手書きで書いてあります。
ほかにも会の日程や、「ぴあふれ」についてのプリントなど、いくつかお渡ししています。



【ミーティングをはじめる前に】

ゆる~く進んでいくPeerですが、参加する人たちの笑顔や安心のために、いくつか気を付けることがあるのです。
例えば、
・ミーティングでは「他の人には言えないけど、ここでなら安心して話せる☆」という方もいます。なのでここで話されたことは外に持ち出さないでくださいね。

・体重や体脂肪率の数値をきくと、比べて焦ったりしてしまう場合もあるかと思います。
 具体的に数字を出して話すのは控えてくださいね。

・「摂食障害」というキーワードで集まっているPeerですが、同じ摂食障害でも本当は
 性格・環境・感じ方や考え方…等違うこともいっぱい。症状の段階なども違います。
 ここで出たお話は、「なんかいいかも!」というものだけ持ち帰ってください。
 ぜんぶ自分にあてはめてつらくならないように、それを覚えていてください(^-^)

 …などの注意事項を、まず始めに司会者が説明しています。

そのあと、会の進め方について質問があれば出してもらったり、
販売している雑誌や小冊子の紹介もします。興味があれば、遠慮なく手に取ってみてください。

③へつづく>>>
[PR]



by peerful | 2013-03-17 23:00 | スタッフいろいろ日記

自助グループPeerはどんなとこ?①~私が初めて行ったとき~

こんにちは!みきです。


私が初めてPeerに行ったのは何年も前のことですが、
それまで私は自助グループ・セルフヘルプグループと呼ばれる集まりに行ったことがありませんでした。

なので、どういう感じのところか?どんな人が来ているところか?とわからないことが多く、
不安なイメージのほうが大きかったです。

また、周りの人に「摂食障害の人のミーティングや集まりに行ったら?」と言われることが、
「もう面倒見きれないから、そういう人はそういう人で集まってるとこ行って!」と見放されたような、
そんなふうに感じてしまって、素直に受け止めることができませんでした。

それでも、行ったら何か変わるかもしれないし、やることもないし、無料だし・・・(←?!)などと思い、足を運んでみることになりました。

a0163663_22371860.jpg

私は松本市のほうのPeerに行きました。

それまで私は、同じ症状でいま悩んでいる人と実際に会ったことがなかったのですが、
会場である公民館に入っていくと、そこに集まっている人たちが「ふつーの人」で、
会が進んでいく雰囲気も「ふつーな感じ」で。。。と、その「ふつうさ」が逆に印象にのこっています。

ということは、私がそうじゃないイメージを自分の中で抱いていたということになるのですが(!)

確かに「そういうグループは、苦しさのまっただ中にいる人が行くんだから、すごく涙が流れたり、それを肩を抱いてなぐさめあったり、そういうシーンを目撃するにちがいない!」と勝手に思っていたのでした。

もちろん、私も話によって涙ぐむこともあるし、「わー、なんか泣いてすみません!」と言いながらお話をしてくれる方もいて、それはまったく自然なことなのですが、

悩んでいる人が集まるグループ、いうよりママ友サークルとか手芸サークル等の趣味のサークルとあまり変わらないのかな?というように見えたのを覚えています。
ふり返ってみると、そんなことを思い出します…(^^ゞ



今でこそ、「気楽におこしください!」などと逆に呼びかけるようになっていますが、
まだ自助グループという言葉さえなじみが薄いものだと思うので、

初めて参加される方、気にはなっているけど迷っている方には、「気楽に・・・」といわれても緊張する気持ちのほうが当然多いと思います。

なので、「実際にPeerに来たらどんなふうに会(ミーティング)がすすんでいくのか?」を具体的に書いていけたらと思いました。


各グループによって、進め方や方針、大事にしていることは違うので、あくまでも
Peerではこんなふうですよ、というのをお伝えいたします(^-^)。


                                            ②へつづく>>>
[PR]



by peerful | 2013-03-17 22:41 | スタッフいろいろ日記

愛媛県の「リボンの会」さんのクリアファイル

こんにちは!みきです。

愛媛県の摂食障害の自助グループリボンの会さんから素敵なプレゼントが届きました。

リボンの会に集まったメンバーが、自分がつらかった時に助けられた”ことば”を持ち寄って
作ったクリアファイルです。
a0163663_1461110.jpg


・今のじぶんもいいじゃない。
・がまんしなくていいのよ。
・夢なんかなくていい、希望なんかなくていい、生きているだけ、それでいい。

…などなど、写真に載せたのはほんの一部で、全部で6種類送ってもらいました。


クリアファイル自体には、”摂食障害”という言葉やリボンの会の名前、”つくり手の想い”はあえて印刷してありません。
人それぞれ、その言葉にたいする想いは違うので、ファイルを手にとった人が、その人の人生や思いに重ね合わせて受け入れてもらえれば。。。という思いからだそうです。

摂食障害かどうかにかかわらず、今これらの言葉を必要としている人に役立つことを願って作られています。


ファイルに挟まれた紙には、どんな状況でこの言葉と出会ったのか、その背景がつづられていました。
それも合わせて読むと、作り手の方が、これらの言葉のなかに見出したものが、私自身にもしみてくるように感じられました(^-^)
[PR]



by peerful | 2013-03-04 14:52 | スタッフいろいろ日記

雑誌発行延期にともなうご返金のお知らせ

こんにちは、みきです!

昨年末に、ブログでお知らせしましたとおり
雑誌「Peerful」は、次号の作成・発行をしばらくお休みすることとなりました。

つきましては、雑誌の次号分まで代金をお振込みいただいていた皆様に、
その分のお金をご返金させていただきたいと思います。

該当される方には、ご返金についてお知らせするお手紙をお送りしております。
手紙に書かせていただいたPeerfulの連絡先まで、メールかお電話にてご連絡いただきますようお願いいたします。勝手ながら、3月末までにご連絡くださいませ。

次号分までお振込みいただいた皆様にお手数をおかけすることとなり、申し訳ございません。

このようなことのないよう、一層、Peerfulの運営を確かなものにしていきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

ご返金に関するご質問や、その他Peerfulについてのご質問などございましたら、
遠慮なくお寄せくださいませ。
[PR]



by peerful | 2013-03-02 17:34 | おしらせ

Peerful(ピアフル)スタッフブログ
by peerful
プロフィールを見る
画像一覧

Peerful(ピアフル)

 
摂食障害コミュニティ
Peerful
(ピアフル)

ウェブサイトはこちら


*****


ご寄付のおねがい
Peerfulはみなさまからのあたたかいご支援に支えられて活動しています。

ご寄付はこちら


*****


当事者がつくる!摂食障害を元気にする雑誌!!「Peerful」


第2号のご購入はこちら



創刊号のご購入はこちら



*****


摂食障害おしゃべり番組
Peerful Channel
あるぱかになりたい!

放送(Ustream)はこちら
録画(YouTube)はこちら
次回テーマはこちら


*****


Peerのフリースペース
「PeerFree(ピアフリ)」
の情報はこちらから


*****


摂食障害の人のためのコミュニティ、Eating Disorders Community Peerful は、一般の人や当事者さえも持つ、「摂食障害に対する誤解や偏見」を、解いていくことを目的とした活動団体です。

摂食障害を治しやすい社会、
なりにくい社会、へ


「当事者力」の発信をキーワードに「摂食障害を元気にする!」活動を進めています。

*****


Peerful代表ブログ


*****

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
こちらから↑↑ポチっ☆と応援してくださると、とても励みになります。いつもありがとうございますo(_ _*)o

最新の記事

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧